お問合せ

​BOOST SPACE(ブーストスペース)

〒761-8074

香川県高松市

太田上町182-3

 

 

​​

📞: 080-7733-9321

✉: boostspace0418@gmail.com

※メールでお問合せの際、1日経っても返信が無い場合は、メールが届いていない可能性があります。お手数ですが電話にて再度ご連絡頂けますようよろしくお願いいたします。

トレーナー:秋山 貴裕

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン

※塾生対応中など、電話に出られない場合があります。必ず折り返しお電話差し上げますので、番号通知設定をONにしておかけください。

営業時間など

【平日】

14:30~21:30 (22:00閉塾)

【土曜日】

9:30~21:30 (22:00閉塾)

 

【日・祝】

12:30~19:30 (20:00閉塾)

※お問い合わせは10:00~21:00の時間帯で対応致します。(年中無休)

※当塾は予約制です。利用状況により、早めに閉める場合がございます。

定休日:原則、水曜日及び日曜日

(テスト期間や受験シーズンに合わせて変更することがあります)

※面談やお問い合わせは営業時間外も受け付けております。メールや電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。

逆を考える PART.1 

どうも、トレーナーです。
ちょっと長いかもしれないです。

数学を教えている立場の人間が必ず聞かれる質問です。

数学ってなんで勉強するの?
数学って必要なの?

子どもだけでなく、大人からも聞かれます。
聞かれるとすごくうれしいのですが、これに対する「ベストな」答えは未だ出ていません。

ただ、現段階で、答えられるものはあります。
それは、「逆」を考えよう、ということです。

数学が無かったとしたら、どうでしょう。
数学が無かったら、今あなたの周りにはどんな光景が広がっていますか。

 

少し考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

僕が思うのは、

 

今あなたが見ているスマホ/PCはありますか。
座っている椅子、机はありますか。
あなたが今居る建物、建っていますか。
あなたは「服」と呼ばれるものを着ていますか。
人間は生き残っていますか。

 

…です。
とまあ飛躍しようと思えばどこまでも飛躍できる気がするんです。

 

人類が誕生してから今までという壮大な話もそうですが、戦後、GHQが新しい教育課程を作り出してから今日まで。
数学という教科が無くなったことはありません。

 

無くならないということは、必要なんです。
そんな事を言ってると、

 

三角関数?微分積分?
そんなん勉強せんでも生活できるし!

 

とか言われるのは想定内で(笑)
それに関してもこれまた逆を考えますが、100%、将来、三角関数や微分積分に関係ない生活を送ると言い切れますか?

 

僕の従弟は文系でしたが、仕事でサインコサインを目にすることがあるそうです。
もちろん、直接計算したりはしないでしょうが、知って使うのと知らないで使うのとでは、要領が違ってきます。

 

あなたが微分積分を使わなくても、あなたのお子さんは微分積分を勉強するかもしれません。
そうなると確実に「関わり」ますよね。

 

僕が数学を学んできた意味は、ブーストスペースでブースターに数学を教えるためだと思っています。
そう、人それぞれ、数学を学ぶ意味は違うんです。

でも必ず意味がある。
その意味が分かるときが必ず来る。

 

それが数学を勉強する意味だと思います。
納得いただけない方、ご一報ください。

 

反論されればされるほど、モエます(笑)

塾,個人塾,おしゃれ,学習塾,高松市