「苦労」って、してますか?

 

どうも、トレーナーです。

先日、2017年6月に受けた手術の、術後の定期検診に行ってきました。

結果は良好。

どこも悪いところがないということで、一安心です。

ブーストの原点になったというのもあるので、この定期検診を受ける度、色んなことを考えます。

今回は手術が終わり、退院し、初めのホームルームで生徒たちに話したことを思い出しました。

当時の僕は初めての全身麻酔の手術、切られるのは喉の付近、ということで、完全に気分は落ちていました。

何で自分が?このタイミングで?など、モヤモヤと考えていました。

しかし、あるとき、同病室から聞こえてきたおじいさん同士の会話。

~お前、何回切ったん?わし3回目や。

~まえは食道がんやってせっかく切ったのにまた別んとこやがい。

手術で摘出するのは良性の腫瘍で、しかも自分は健康体です。

その会話を聞いて、何か申し訳ない気持ちになったのを覚えています。

「苦労」ってしてますか?

苦労していると思ったことはありますか?

これは自分自身に向けて言いたいことなのですが、苦労していると思った段階で、まだまだなんだと思います。

あくまでも、自分の中でのこと。厳しい言い方だと甘えです。

病室での出来事のように、自分の他にどれだけ「苦労」している人たちがいることか。

それと比べて自分の苦労は「苦労」と呼んでいいのか、ということです。

苦労していると、自分で思った時点で、やれることはまだまだある。

甘えるな、自分!ってことです。

毎回色んなことを考えさせてくれるこの定期検診。

​次は一年後。どんな自分が受けているかが楽しみです。

塾,個人塾,おしゃれ,学習塾,高松市